朝、早起きする方法を伝授します【朝5時起きの私が解説】

朝型になる方法 サスティナブル

こんにちは、さくら(@moi_reallife)です。

完全に朝型人間です。
朝5時に起きる時も、アラーム1回で起きることが出来ます。

アラームが鳴ってもすぐに消して二度寝してしまう、朝早く起きられても何となくダラダラしてしまうという人も多いですよね。

今回は、毎朝5時に起きている私が実践している早起きの方法を紹介します!

朝、早起きする方法|5つのコツ

朝、早起きする方法

結論、質の良い睡眠を7時間以上とりましょう。

シンプルですが、出来ていない人も多いはず!

周囲の人と話していると「7時間も寝られないよ」とよく言われるので、生活習慣で悩んでいる方は多いんだな~と感じます。

朝早起きして余裕のある有意義な1日にしたいのに、ぬくぬくしているうちに時間が過ぎていって、気が付いたらお昼になっている…という方も多いのではないでしょうか。

かという私は、基本的に朝は目覚まし1コールで起き、二度寝はほぼしません。

早速、私が質の良い睡眠を7時間以上とるために実践している5つのことを説明していきます。

朝早く起きる目的を明確にする

皆さんは「なぜ朝早く起きたいですか?」

勉強したい、家事をしたい、ゆっくりと過ごしたい、美味しい朝ごはんを作りたい…
それぞれ理由があると思います。

因みに私は「朝ジムに行きたいから」「朝ごはんをゆっくり&しっかり食べたいから」です。
この目的を果たすために、ドンドンと朝起きる時間が早くなってきましたww

目的が明確であれば、朝ダラダラしてしまうということはなくなるはずです。その目的を果たすために、どのくらい、いつもより早く起きなければいけないのか考えることも大切。

参考までに私のアラームをお見せします。

スマホのスクリーンショット

私は翌朝にしたいことを考えて、起きる時間を決めています。
朝やりたいことがたくさんある時は4時半に起き、ただゆっくり過ごしたい時は6時に起きるといった感じです。

目的があると、朝早く起きようと夜早く寝るための行動が出来ます。

「なぜ朝早起きしたいのか」を考えてみましょう。

就寝前のリラックスタイムを設ける

寝る30分前くらいからリラックスタイムにしましょう。

リラックス方法は人によって違うと思いますが、私がやっていることは下記のような感じ。

・テレビやスマホを見ないようにする
・温かい飲み物を飲む
・ストレッチをする
・猫ともふもふタイム
・CBDオイルを飲む

寝る前に寝る準備をして、眠りにつきやすくするといったイメージ。

実際、私、眠りにつくのもメチャクチャ早いです。
着けているスマートウォッチを見る限り、目を瞑ってから5~10分ほどで眠りについているっぽいです。

みなさんも”自分の心が落ち着くこと”を寝る前にやってみてください!

早く寝る!

早起きするために最も重要なこと。それは睡眠時間を削ずらないことです。

私が5時起きする前日の夜のスケジュールはザックリこんな感じ。

18:00 帰宅
18:30 お風呂
19:00 ごはん
19:30 自由時間
21:15 リラックスタイム
21:45 就寝

基本テレビ、YouTubeなどは見ません。
このスケジュールはあくまでも目安ですが、夜ご飯は直ぐに食べられるように週末に準備しておく等、工夫をしています。

もちろんスケジュールが崩れる時もありますが、就寝時間が遅くなるような時は早起きせず、寝ることを優先したほうがいいです。

いきなり早起きしようとしない

今まで7時に起きていた人が、いきなり5時に起きるのは難しいものです。

なので、先ずは、15分ほど目覚まし時計を早めてみるところから始めてみましょう。そして、体がその時間に起きるのに慣れたら、次はさらに15分ほど早めてみると良いです。

徐々に体を慣らすのがオススメです。失敗する回数も減り、成功体験が増えるのもメリットだと思います。

週末に生活リズムを崩してしまうと、早起きのサイクルに戻るのは至難の業。週末も極端に遅く寝る、遅く起きるといった行動は避けたほうがベターです。

運動する

運動すると体が疲れて眠くなるというシンプルな理由です。

ただ、寝る1時間前くらいに激しい運動をすると交感神経が優位になり、目が覚醒してしまうので、注意が必要です。
昔、夜10時にジムで激しい有酸素のレッスンを受けて、一時期、寝られなくなったことがありますww

運動を始めようと思っている方は、ジムの選び方|結論、楽しく継続できそうなジムを選びましょうを参考にどうぞ。

まとめ:朝早起きする方法を実践して気持ちいい1日を!

以上、私が実践していることでした。

まとめると下記の通りです!

・朝早く起きる目的を明確にする
・夜のリラックスタイムを設ける
・早く寝る
・いきなり早起きしようとしない
・運動する

朝早起きすると、1日が長く感じられて、私は好きです。

早起きしたいと思っている方の参考になれば嬉しいです!
では、また!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました