スポーツジムに通い続ける方法を伝授します【幽霊会員から脱却しよう】

スポーツジムに通い続ける方法【幽霊会員から脱却しよう】 トレーニング

こんにちは、さくら(@moi_reallife)です。

筋トレが趣味の私。
ジムは2016年から通っているので、2021年でジム歴は約5年となります。

もちろん忙しい時はジムに行く回数が減りますが、今では週5回のトレーニングが日課になっています。そんな話を友人にすると「なんで続けられるの?」「飽きないの?」と、よく質問をされます。

今回は、ジムに楽しく通い続ける方法をご紹介していきます!

スポーツジムに通い続ける方法

ジムに通い続ける方法

結論、下記の通りです。

・1番通いやすい総合ジムに行く
・テンションが上がるウェアを買う
・家族や友人と運動を楽しむ
・ケチになる

「そういえば、最近ジムに全然行っていないな」という方もいるのではないでしょうか?

実際に、多くの人が継続的にジムに通うことに苦戦しているようです。

日本でジムに通っている人が全体の約3%、その中で継続している方が20%。1000人の中の30人がジムに通っていて、その中で継続してトレーニングしている人が6人。

excited news

更に、トレーニングを継続している人の中で週3回以上ジムに通っている人の割合となると、もっと減るはず。

では早速、上記の方法を詳しくご説明していきます。

総合ジムに行く

運動初心者の方は、先ず、通いやすい場所にあるスタジオレッスンやプールがあるような総合ジムにしましょう。

マシンしか置いていない、トレーナーさんが常駐していないジムはNGです。なぜなら、初心者の方は「マシンってどう使えばいいか分からない」「毎回マシンで、同じ筋トレしか出来なくて飽きる」といった悩みが出てくるからです。

そして段々とフェードアウト・・・

総合ジムにはマシンだけではなく、スタジオレッスンもあります。インストラクターさんが教えてくれるスタジオレッスンには、下記のような種類があります。

・筋トレ系
・格闘技系
・ダンス系
・ヨガ、ストレッチ系

たくさんの種類があるので、自分が楽しいなと思える運動を探すことが出来きます。筋トレが楽しめない方は、是非参加してみましょう!

筋トレ初心者の方で「トレーニングの方法が分からない」「やり方があっているのか分からない」といった悩みがあるのであれば、気にせずにトレーナーさんに聞いてみましょう。

やり方が分かってくると、出来ることが増え、段々と楽しくなってきます。

ジム選びについては、下記でも詳しく解説しています。

≫ ジムの選び方|結論、楽しく継続できそうなジムを選びましょう

ウェアを買う

自分が着てテンションが上がるジム用のウェア、スニーカーを買い揃えましょう。

学生時代のようなジャージでもいいですが、私はあまりやる気が起きません。ウェアも普通の洋服と同じです。着ていてテンションが上がると、自然と運動が楽しくなってきます。

最初からたくさんのお金をかける必要はないです。

でも、どうせトレーニングするのであれば自分が楽しく運動出来るように、自分のテンションが上がるウェアを揃えてみてはいかがでしょうか。

家族や友人と運動を楽しむ

1人でジムで運動していると時々寂しくなることもあります。

そんな時は家族、友達など他の人と一緒に運動する機会を作りましょう。

私は黙々と1人でする筋トレも好きですが、友人と一緒にジムに行ったり、フィットネスのイベントに参加したりしています。1人の時とは違う楽しさがありますね。

一緒にウォーキング、ランニングに行くのも良いと思います。

飽きない為には「変化」も大事です。周りの人を誘ってみましょう。

ケチになりましょう

1か月のジム代は1万円前後が相場です。

ジムに行ってても、行かなくても、同じ金額を使っていることとなります。ジム代=自分の健康費と考えて、行けるだけ行きましょう。

ジムのかなりの多くの会員の人が実は幽霊会員で、お金は払っているけど使っていないということですね?それが実はジムからすると収益としてはすごくおいしくて。

Yahooニュースより

この通り、ジムに通えない人は会費が丸々すべて、ジム側の収益になります。

私はケチなので、1か月に同じ金額を支払っているのであれば「行けるだけ行かなきゃ」という考えになります(笑)

皆さんもケチになりましょう。

まとめ

最後にまとめると下記の通りです。

・1番通いやすい総合ジムに行く。
・テンションが上がるウェアを買う。
・家族や友人と運動を楽しむ。
・ケチになる。

ジムに通うことが習慣になると、歯磨きと同じように運動しないと気持ち悪いという感覚になります。

先ずは運動することに楽しみながら、慣れていくことが大切です。
ジムライフを楽しみましょう!

では、また!

関連記事:【女性にオススメ】宅トレグッズ7選【使い方もご紹介します】
関連記事:初心者向け|フリーウェイトを始める手順【筋トレは最高に楽しい!】

コメント

タイトルとURLをコピーしました